スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

この先の人生を共に歩もう

►2008/11/02 02:20 

最近なかなか日記更新できなかったですね。
木曜日に友人から緋色の欠片3を借りてきました。
木曜日からやっててやっと拓磨を更新…!
ネタバレ含みますのでネタバレ駄目!な方は回避くださいませ(^^)


久々の緋色だよ緋色!
と言いつつ借りるちょっと前まで緋色無印のおみくじスチル回収に頑張ってたんだけどね(苦笑)
うん頑張って回収したよ!
作業プレイになってたから復習とかしてたわけじゃないんだけど。
緋色無印はやっぱり立ち絵の大きさ見せ方のためキャラとの距離に違和感あったね(苦笑)

んで蒼黒の楔はそういう違和感もなく一周できました。
緋色の欠片、やっぱりだいすきだなぁ。
久々に緋色の欠片の世界に触れて、1年後って設定でみんなとの(心の)距離も近くて嬉しかったです。
緋色無印って主人公の珠紀の扱い、ちょっと酷いからね。
でも蒼黒の楔は仲間って感じがするし、みんな珠紀に懐いてていい感じでした(笑)
みんな最初から珠紀のこと好きだよね。
特に嬉しかったのが、美鶴ちゃんの珠紀溺愛ぷりです(笑)
美鶴ちゃんに懐かれてすごく嬉しい。
美鶴×珠紀いいじゃん!
美鶴ちゃん自身成長してたし可愛かった。
すごくいい子になったよね。

合わせ鏡で他キャラ視点でイベントが見れるシステムもよかったです。
みんなの珠紀だいすきっぷりに萌えた。
なんか同人とかの二次創作見てる気分だったり。
世界滅亡の危機だというのに珠紀かけてトランプやってていいのか、とか思ったけど。
双子兄妹の腹黒さには萌えた。
美鶴ちゃん、珠紀とどんな夜を過ごそうと思ったんだ(笑)

じゃ拓磨シナリオの感想をば。
拓磨と遼が金太郎飴なんだね、わかります。
で、祐一先輩と真弘先輩、慎司くんと卓さん…の組み合わせで金太郎飴。
まぁ金太郎飴でも気にしないけど。
その分サクサクできるし。





萌えた会話をいくつか引用してみたり↓

「鬼崎がいっしょなら大丈夫だとは思うが、
 何かあったらいつでも呼べよ。」
「心配してくれてありがとう」
「ふん……。
 一応お前は、俺の主だからな」

遼のわんこぷりに萌えた…!!
拓磨と遼が金太郎飴なので拓磨攻略してると遼の出番が多いです。
拓磨攻略中のつもりですが遼が気になってしかたなかった。
拓磨本命なんですけどね遼も好きみたい。
いい声だよね。
あとちもりと似たような空気が好き(笑)



「あなたは私を救ってくれました。
 ……私は平気です
 あなたのそばで
 戦えるなら、その先にどんな結末が
 待っていても……」

美鶴×珠紀キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
健気な美鶴ちゃんがすきです!
本当に性格丸くなったなぁ。
美鶴ちゃんなんで攻略できないんだろう。

さらに…敵に対して…
半分だけなんて生ぬるいですよ
な美鶴さん。
笑顔で言ってて腹黒さにどきどきしました。
あたし腹黒キャラに弱いかも。
男でも、女でも。



この女は俺のモノだ。
 お前みたいなクズが触れて
 いいものじゃないんだよ」
「なんで……」
「珠紀、お前が俺の目を開かせた。
 1年前、俺を孤独から救い、
 仲間を与えたのはお前だ」

せめて、その一部ぐらいの恩は返す

そして相変わらず忠犬ぷりを発揮する遼。
もえ殺す気か…!
遼×珠紀もえる。
拓磨攻略中なんですけどね!
恩返すとか笑っていいよね?
答えは聞いてない!←



「私も……行く……。
 寝てるだけなんてやだよ」
「……まぁ、言うと思ったけど
「え……」
「手だよ。
 ほら、つかまれ」
「…………あ、ありがとう」
「こ、こんなことくらいで赤くなるなよ。
 こっちが恥ずかしい」
「……うん。
 ありがとう、拓磨」

やっとらぶくなってきた拓磨と珠紀。
「まぁ、言うと思ったけど」って台詞の言い方が好きです!
このシーンは可愛いよ可愛い。



絶望の淵に立たされて、諦める珠紀に対して拓磨が…。

「言ってたのはお前なんだよ……」
「え……」
「口癖みたいに諦めるなって言ってたんだ!
 1年前のお前は!
 あれだけ人に希望を持てって
 言っておいてそれかよ!
 お前の言葉を真に受けて、
 必死に生きようとした俺はなんなんだよ!
「1年前とは違うの……
 私だって強くなったんだよ」
「逃げてるだけだ。
 戦いから逃げてるだけだ!
 悲劇ぶるなよ!
 諦めて死ぬなんて誰にでもできるんだ!」

「だってしょうがないじゃない!」
ああ――ダメだ――。
「死ぬなんて
 怖いに決まってるじゃない!」
弱さを隠すことができない。
「でも、どっちにしたって呪いで死ぬんだから!」
真弘先輩、祐一先輩、卓さん、慎司君、
アリア、清乃ちゃん、ケテルさん――。
それから……遼。
みんながいなくなって、
私だけが生きてる。
だったら私だって、
 みんなの役に立って死にたいよ!

もう何も考えたくない。
「ずるいよ!
 みんなばっかり!」
生きて、戦うのはやだ――
「どうして私なんかを守って
 傷ついていくの!?」
死んでしまえば楽なのに――
「なんで私が傷ついちゃいけないのよ!!」

みんながお前を守ったからだ!

「え――」
「俺はお前が好きだ。
 お前が失われるのは耐えられないんだよ!」
「拓磨……」
「俺の気持ちだけじゃない。
 お前はみんなに生かされたんだ。
 でも――
 みんなが身体を張ってお前を守ったから
 お前がここにいるんだろ!
 狗谷は俺に、
 お前を守れと言ったんだ!
 全部を無駄にする気か!
 みんなの気持ちも狗谷の気持ちも!
 お前には生きる責任があるんだよ!
 そんなこともわからないのか、
 お前は!」

弱音を吐いた珠紀に拓磨が励まして告白する場面です。
みんなの役に立って死にたいよ!って珠紀の台詞が実は結構すき。
マクロスのシェリルの曲を思い出しました。



「お前が幸せになるためには
 どうしたらいいのか、いつも考えてる」

「死ぬな、諦めるな、戦え。
 絶対に希望はある。
 幸せがどこにもないなら、
 俺たちで作ろう。

 そうだろ?」

王道だけどきゅんときました。
うん、拓磨…ありがと。



「お前に会えて、本当によかった」
「……そんなこと言わないで」
「今までありがとう」


「さよなら」


敵の五瀬さんを倒すために、珠紀を残して一人で戦いにいく拓磨。
わーなんでこう自己犠牲で終わらせようとするんだよ!
ばか拓磨ー!
ほんと置いていくとかやめてほしいよ。
残されたひとの気持ち、考えてほしい。
大切な人がいなくったらこっちはすごく悲しくて寂しいんだから。



「私はいつも待つだけでした。
 それがとても悔しい」
「うん」
「ひとりの人間として
 あなたを、お慕いしております

「お帰りなさいと、
 必ず私に言わせてください」

拓磨のとこへ行くために美鶴と別れるときのシーン。
美鶴ちゃん、ほんとごめんって感じでした。
このシーンすごくすき。
美鶴ちゃん、成長したね。



「頼むから逃げてくれ!」
「拓磨……
 もう、離さないから。
 この手はもう……離さない

逃げろっていう拓磨対しての珠紀。
男前で好きですww
離さないってヒロインに言わせるなんて。
男前ヒロイン好きなんでだいすきです珠紀!



「死ぬかも、しれないんだぞ。
 冗談ごとじゃない」
「冗談で……
 こんなこと言わないよ。
 あなたは私のために命を賭けて戦った。
 だったら私も、あなたのために戦う」
「俺は……玉依姫の守護者なんだぞ。
 お前を守って死ぬのが俺の仕事だ」
「違う……
 玉依姫と守護者なんかじゃない。
 あなたが私の、
 玉依姫としての命令を聞かなかった時点で
 もうそんな関係じゃない。
 もっと特別で、大切な絆……
 なんでわかってくれないの……」
「だからこそ……
 俺のことなんてどうだっていい。
 お前に、死んでほしくないんだ」
「私だって
 あなたに死んでほしくない!

 死ぬな、諦めるな、戦え。
 絶対に希望はある。
 望みを持ち続けてれば
 絶望は来ない。


 そうでしょ! 拓磨!

「ああ……そうだな……
 悪かった……
 だから泣くなよ。
 泣き虫は変わらないよな。
 お前……」
「……誰が、
 泣かせたと思ってるのよ……
 なんだかやっと……
 あなたに追いつけた気がする……」
「俺もだ……」

たくたまじれっ隊ね(笑)
すれちがってすれちがってやっと通じ合えた二人。
死ぬな諦めるな戦えってさっきは珠紀が拓磨に言われてたけど、今度は珠紀が拓磨に言います。
拓磨に俺のことはどうでもいいとかは言われたくなかったなぁ。
自己犠牲ってカッコいいかもしれないけど、されてちっとも嬉しくないんだよ。



一緒なら平気だ。
世界の終わりも、
鏡のことも……。
たとえこの世の全ての人が、
私たちの存在を許さなかったとしても――。
私の一番大切な人が、
私の存在を許してくれるなら。
生きる理由は、それで十分だ。
↑珠紀の独白です。
気に入った台詞なので引用。
そうなんだよね、一番大切な人が存在を許してくれるなら生きる理由なんてそれだけで十分なんです。
珠紀はカミの血を引き畏怖の存在として五瀬さんに存在が罪だと言われて傷ついてたと思うから拓磨の励ましは嬉しかったんだろうなぁ。



「ここは特別な場所なんだ」
「でも、どうして急に……」
「そりゃ
 この村で雰囲気のある場所なんて
 そんなにないからで……」
「雰囲気って……」
「ちゃんと言ってなかった気がしたんだよ。
 お前のことが好きだって」
…………。
「し、……知ってるけど……」
……。
「改めて言われると
 ……なんだか恥ずかしいね」
「まあな……
 感謝してるんだ……これでも……
 お前のこと考えると
 頭がぐしゃぐしゃになって
 わけがわからなくなるんだよ。
 ガラじゃねえけど……
 こういうの
……愛してるって言うんだろ」
「拓磨……」
「好きだ……これまでも
 ……これからもずっと……」
「……私も……」

エンディングの拓磨と珠紀。
王道なんだけどやっぱり萌えます。
照れてる拓磨が可愛かった!
鈍ちんな珠紀も可愛いよ!
「お前のことが好き」→「知ってる」って掛け合いが好きです。
うああほんと見てるこっちが恥ずかしいよ!





ごちそうさまでした。
拓珠だいすきだ…っ!





緋色やってて思ったことはスチルの見せ方がすごくうまいことかなぁ。
ノベルゲーだしアニメーションでもないのに、戦闘シーンかっこよかったし。
特に遼の蹴りがね…!
遼やっぱりすきだよ。
拓磨の次にすきかも←
一部分を見せたあとに全体見せたり拡大とかね。
コーエーさんも見習ってほしいな、と思った点でした。
まぁ遙かとかだと戦闘は3Dだから断然迫力は上だけどさ。
コルダの演奏してるとこもいい感じに立ち絵とか使ってると思うけどさ。

あと緋色は歌がやっぱり神だよね。
麻衣子さんの歌声好きすぎる。
緋色PSPのプロモとか早く見たいよ。
プロモ自体もクオリティ高いし。

というわけでしばらくは緋色三昧です。

スポンサーサイト

テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

ゲームComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。