スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

遙かなる時空の中で3 紅の月

►2007/12/12 13:30 

のノベル読みました!

感想だけど、かなりオリジナル展開なんですね。
まぁアニメで一時間枠でしかできないわけだから、仕方ないんだろうけど。
なんだかんだで遙か3はシナリオ長いから、スペシャル放送とかでも難しい気がするんだけど。
せめて二時間スペシャルだったらいいのに。
まぁ二時間は映画と同じくらいの長さになるから、難しいだろうけど。

えっと感想に戻りますね。
ネタバレ容赦しないのでお気をつけくださいませ。

将臣ルートと言いながら、オリジナル展開が入ってることと、熊野の章は共通ルートだからあまり将臣ルートって感じはしませんでした。
望美の気持ちは将臣くんに傾いてるわけだから、将臣くん贔屓って感じはあったけど。
これから読む方はオリジナル展開であることを頭に入れて読んだ方がいいです。
あたしは、この小説の望美、結構好きです!
ヒノエくんに、九郎さんに熊野別当として会って!って感じな台詞があったんですが。
あたしもああいう台詞が欲しかったんです。
正体を知っててなお、毎回ゲームでは望美は熊野でヒノエくんが正体を明かす度にショック受けてますよね。
それは毎回違和感あったんですよね~。
だから、こういうシナリオ変更はちょっと嬉しいです。
将臣くん贔屓だけどヒノエくんにも何気にフラグたってそうですね。
弁慶さんも確かにキーパーソンですね。
Σえっこんな展開に!?って思いました。
終わり方もまた中途半端でしたが。
こんな終わりが妥当なのかな。
何せ時間ありませんしね(苦笑)

運命を変えるために頑張る望美が好きです。
みんなには幸せになってもらいたいなぁ。

アニメがほんと楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ : 遙かなる時空の中で - ジャンル : ゲーム

ネオロマンスComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。