スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

【妄想お泊りバトン】

►2007/01/04 18:23 

うふふふーあたし、こーゆー痛々しい回答になりそうなバトン大好き(爆/皆知ってるよ)
なつめさん宅から勝手に奪わせていただきました。
ヒノエくんでやるも良しだが弁慶さんで。
せかく18になったんで、いつもより更に過激な回答やりたいんですよ!!(爆)
あ、それなら銀髪兄弟でやるもよし…。
……………あ!3Pとか!(爆)
さっきからぶっちゃけてますがすみませんm(__)m
お気を悪くさせてすみません。
えと、18禁になることはないと思います(^_^;)
あ、妄想痛々しいですが見守ってあげて下さいませー。

妄想お泊りバトン

結局、朱雀組(3P…か)で。

■質問■
★旅館に一人旅に来たあなた。ところが宿の手違いで『弁慶&ヒノエ』と同室に!なんて話そう?

花「Σ弁慶さん!!ヒノエくん!!なんで、ここに…」
弁「おや、花音さんじゃないですか…」
ヒ「姫君がオレに会いに来てくれるなんて、嬉しいねぇ♪」
花「違うよ、手違いだもん…それより、二人とも二人で旅行…?」
弁「花音さん、君は何か誤解してるようですが違いますよ。甥と二人で旅行なんて、僕が好き好んでやるわけないでしょう?(微笑)」
花「そ、そうですよね(;^_^A」
ヒ「今回ばかりは"おじさん"に同感だね…今日は仕事のことでちょっと、ね」
花「そっかー…ならあたし、邪魔しちゃ悪いよね」
ヒ「そんなことないよ、ちょうど華が欲しかったとこだから、お前が居てくれて嬉しいし♪」
花「ひ、ヒノエくん(///__///)」
弁「ヒノエ、花音さんが困っていますよ…花音さん、気にしないでくださいね。僕も君なら大歓迎ですし…ね?(耳元で)」
花「…っ…////!!(Σひゃっ、そーゆー耳元で囁くとかやめてくださいよ!>_<)」

★仲居さんが衝立を用意してくれたので結局同じ部屋で寝食を共にすることになりました。晩ご飯はなんだった?

弁「おや、花音さんは料理にあまり手をつけてないようですが、どうかしたんですか?」
花「Σべ、弁慶さん…実はあまり食欲ないってゆーか……嫌いなもの多すぎて(花音は好き嫌い激しいです)」
ヒ「好き嫌いはイケないぜ?姫君…ならオレが食べさせてやろうか、勿論口移しでvv」
花「Σ…!!……い、いえ、自分で食べれますから!!(急いで喰う)」
弁「ふふ、いけない人ですね、好き嫌いなんて…」
花「…え、えと…(あたし、からかわれてる(|||_|||)…でもこういう料理を口移しで食べさせられても美味しくないと思うもん)」

★食後のお楽しみはやっぱり温泉!あなたが部屋に戻ると『弁慶&ヒノエ』が浴衣を着てくつろいでいました。どうします?

花「……(ぽー)弁慶さんもヒノエくんも綺麗…良いなぁ、浴衣似合ってー!」
ヒ「ありがと姫君★(うぃんく)でも、そういうお前だって似合ってるぜ♪」
弁「僕もそう思いますよ、花音さん、此方へどうぞ…」
花「…? はーい…」
弁「可愛らしい君にはとてもお似合いの……おや、柄が"紫陽花"なんですね」
花「あ、はい…あたし"紫陽花"好きなんですよー」
弁「嬉しいですね、僕も好きな花ですから…」
花「弁慶さん…(だって貴方が好きな花だから好きになったんだもん)」
ヒ「…おい弁慶、オレを無視してオレの姫君といちゃつくのはやめてくれる?」
弁「おや?いつの間に君の花音さんになったんですか?それに君の冗談に振り回されてるよりはよっぽどマシだと思いますが?」
ヒ「…ほんとアンタ、イイ性格してるな…?」
花「ちょ、ちょっと二人とも、喧嘩は止めときなよ~っ!!」

★夜も深くなりました。あまり眠くないので衝立越しにあなたは『弁慶&ヒノエ』と話していましたが、『弁慶&ヒノエ』は寝てしまった様子。どうしますか?

花「あ、明日は二人ともどうするんですか?」
しーん…
花「(あ、あれ?二人とも寝たのかな?じゃ、あたしもそろそろ……あ、そうだ…っ)」
弁慶さん&ヒノエくんの寝顔を見に行くことにしました♪
花「(こんな機会めったにないもんねぇ…二人とも可愛いんだろうなぁvv)」
……布団を覗いてみる。
花「(不謹慎でごめんね、あたし可愛いもん大好きだか)……っきゃ…っ」
布団から伸びた手に掴まれ勢い良く布団の中に引きずりこまれたり(あは、お約束だ♪)
ヒ「ふふ、夜這かい?嬉しいねぇ、姫君vv」
弁「君はいけない人ですね、誘ってるんですか?」
花「なっ…なっ……そ、そんなわけないじゃないですか、あたしはですね…ちょっとお二人の寝顔を…(もごもご/てか、そんなイイ声で腰砕けなんですけど、声フェチのあたしになんて拷問な…流されたくなるよー////)」
ヒ「ごめんね、花音。お前があまりに可愛んで…」
弁「我慢出来そうにありません…」
花「Σえ…ちょ……ふた………ひゃぅ……んぅっ(にゃにがどうにゃって…)」
★朝になって起きるあなた。するとなんと『弁慶&ヒノエ』と同じ布団で寝ていました!一体なんで?

花「…うー頭いたー腰もい……う?腰も?」
弁「目が覚めたようですね、大丈夫ですか?昨夜は少しヤりすぎてしまったようで、すみません」
ヒ「悪かったね、姫君。もう大丈夫なのかい?」
花「なっなっ…もー大丈夫なわけないじゃないですかー!!お陰様で全身筋肉痛ですよ!!////ヽ(`Д´)ノ」

★目が覚めてあなたに謝る『弁慶&ヒノエ』。お詫びに何か奢ってくれるらしいです。何がいい??

弁「でも君も悪いんですよ?あんな状況にあればああなるのが普通ですからね」
ヒ「そーゆーことvvでもオレたちも悪いと思ってるよ。だから、そうだねぇ…何か奢ってあげるよ♪」
花「む…物じゃ釣れませんからね?でも何か奢ってくれるんなら…PS2買ってほしいです★」
弁&ヒ「「え゛」」
花「…ふふ、(半分)冗談ですよ、昨夜のお返しです♪奢りで買える値段じゃないですもんねぇ、弁慶さんたちあたしの世界じゃ一文無だし」
弁「なにやら君の言葉に棘があるように感じるんですが…」
花「そんなことないですよー(棒読み)」
ヒ「ふふふ、姫君はほんと冗談が上手いねvv(^_^;)」
花「あら、ヒノエくんほどじゃないよ?」

★『弁慶&ヒノエ』と別れ地元に帰ってきたあなた。一連のことをあなたが話したと思われる方(複数可)に名前を指定して回してください。

なんだかんだで楽しかったかな。
別れるのはほんと名残惜しかったけど!!

蒼依ちゃん→重衡&知盛or重衡&将臣
更夜さん→知盛orヒノエ
祐さん→知盛or弁慶
桜ちゃん→ヒノエ&敦盛orヒノエ&弁慶
蓮華ちゃん→天真or勝真
千沙ちゃん→鷹通or頼久

組み合わせとか考えるの楽しいね!!

では、ここまでお付き合いいただきありがとうございました♪

スポンサーサイト

バトン・質問Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。