スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

:きみはまぶしいひかり

►2006/08/30 19:03 

まぶしくてつい目を細めてしまう
まぶしいまぶしい…
どれだけぼくに不釣り合いなのだろう
きみはぼくの側に居るべきではないのに
きみは決まってぼくの側に居てくれるから
ぼくはきみを見つめることさえできないのに
汚れたぼくは見ることを赦されないのだから
見ることも適わないぼくが触れることが赦されるはずないから
わかってるんだ、頭では
きみとぼくは不釣り合いで月と鼈で
だからだから諦めようと思ったのに
何回も何回も心に言い聞かせた
でも思い出すのはきみの微笑みで
忘れたい諦めたいのに忘れたくなくて諦めたくないなんて
だからまだぼくは中途半端な矛盾したままできみの隣に居るのだ

ひかりに焦れるぼくはただきみを想って目を細めた
そしてうっすら見えるのはきみの笑顔

ああぼくなんて消えてしまえばいい

:きみはまぶしいひかり
配布元:lis

――――――――――
部誌にこー暗いもんばっかり投稿しても良いものだろうか。
でもせっかくの文化祭だし。
これからはそんなに部活に行けないって今も行ってねぇよ。
元部長だなんて大層な役を引き受けていたというのに大層なことしてないから部誌くらいは頑張りたいのさ。
でも本当に駄目部長でごめんなさい。
ダイサクなダメ大人よろしくあたしも駄目部長でダメ大人になるんだろう。
18禁解禁は嬉しくてもあまり年はとりたくないよね。
でもまだ一応17よ、望美んやヒノエ君や秀麗や香穂ちゃんや土浦君とかと同じ年さ。
でも香穂ちゃんや望美はあたしと同じ誕生日にしたら16になるなぁ。

スポンサーサイト

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

自作詩Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。