スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

蝶の毒 華の鎖 感想(※ネタバレ注意)①

►2011/05/30 03:15 

ネタバレ含みますのでプレイ予定の方は見ないことをおすすめします。
※18禁です
















1年ぶりに18禁乙女ゲームしました。
久しぶり声優買い。
最近軍人の中の人が気になりすぎて。
でも本命は別キャラw
目当てキャラが本命になることはやっぱめったにない。
期待しすぎてるんだろうか。
性格は好きなんで次点で好きだけど。
庭師がツボすぎたんだ。

ストーリーは時は大正、主人公は華族で主人公の誕生日に開かれたパーティーから始まります。
主人公の家は子爵だけど貧窮していてパーティーができる余裕なんてない。
それにも関わらず開かれた豪華なパーティー。
実は主人公の結婚相手を探すためのパーティーでもありました。
しかしその日父親が何者かに殺され主人公は呪われた運命に翻弄されていきます。

攻略対象は、強引な求婚者の成金、儚げでシスコンな異母兄、潔癖症な幼馴染みの軍人、優しく主人公の初恋相手の庭師、真面目で従順な執事。

自分の攻略順は軍人→ノーマル、他→成金→兄→執事→庭師


軍人
目当てだったので特攻。
でも一回グッド迎えたら下男の三郎と生死をさ迷うエンディング見れないっぽいのでこれからやる予定の人は三郎と生死をさ迷うバッドを先に迎えてほしいかもw
多分ルート入らなければ迎えられるエンディング。
で話戻しますね。
軍人は最初から主人公好きだし(もちろん主人公は気づいてないけど)話もうまくいきすぎてあまり波がなかったかも。
主人公と心を通わすのは二人とも自然としてたけどいきなりキスされるのでえぇって思いました。
もうちょっと色々描写が欲しかったな、と。
話は王道系で、以前幼馴染みと主人公の結婚話もあったけど、幼馴染みと主人公は家格が釣り合わないと主人公の親に断られ怒った幼馴染みの親により幼馴染みには主人公より高い家格の婚約者がいます。
もちろんまだ正式に決まったわけでなく幼馴染みも乗り気ではないけど。
しかしこのままだと婚約者に決まってしまうと、幼馴染みはシベリアに戦争に行くことを決意。
戦死して未亡人になってしまうのを阻止するため相手の親に婚約を破棄させるのが目的でした。
心配した主人公は止めようとするけど、これしかない、必ず戻ってくると約束し二人は結ばれます。
死亡フラグですよね。
しかしわりとあっさり戻ってきます、主人公を助けに。
ある日倉に行った主人公は下男に襲われそうになります。
それを助けたのが幼馴染みでした。
ちょっと前に主人公が送った主人公の写真に危険人物にそっくりな人物が写っていたのです。
下男をけしかけた人物、このゲームの黒幕、庭師でした。
2ちゃんのスレで庭師めっちゃ疑われてたの思い出して笑いました。
パケ見ると黒幕っぷりが分かりやすい表情してるしw
ちなみに庭師はどのルートでも正体がバレますw
シベリアにいたとき同期か誰かに満州で見たと言ったそうです。
相当ヤバい人物で、アヘン売買の重職やってて闇の阿片王(←厨二乙w)と呼ばれてると。
このままでは主人公が危ないと思い、軍規を破り帰ってきました。
下男を倒したあとすぐ庭師と対峙しますが結局庭師には逃げられてしまいます。
結局庭師の目的はよく分かりませんでした。
ちなみに下男は庭師にアヘン中毒にされ飼い慣らされてた様子。
そして軍規違反した幼馴染みは軍人をやめ鳥の研究家になります。
エンディングで主人公を鳥に例え、やっと捕まえたこれからは一緒に居られるなんて最高だ、って台詞が好きです!
えっちシーンでは、~していいかといちいち許可をとるので恥ずかしかった。
いちいち聞くなよw
童貞だったので色々目覚めてたというかグッドエンドのえっちシーンでこっちの研究も~みたいな発言があって笑ってしまた。
グッドもいいけどバッドの切なさがよかった。
幼馴染みの許嫁を諦めさせることができなくて、色々諦めかけた主人公は結局幼馴染みとは結婚せず成金と結婚。
しかしこっそり幼馴染みと会って関係を続けていました。
こっそりと言っても成金は知ってるけど。
幼馴染みは裏切った主人公を嘘つき!と罵りながら強引にえち。
あと主人公を剃毛します。
これは好きな時に抱けず(2週間に一度)子供を産ませることも出来ない主人公を所有した唯一の証で成金への見せつけでもあると思われます。
強引にえちしてなんだかんだ罵っても、身ごもった(成金の子)主人公を気遣い、しまいには泣きながら捨てないでくれと言います。
そこが切なくて母性本能がくすぐられてしまいました。
裏返しの愛は大好物だし、この結末を見たからこそグッドエンドで幸せになれてよかったねと思います。
このバッドは是非見てほしいバッド。
もう1つバッドあるけど、そっちは戦死するバッド。
やっぱり戦場行くと生きて帰れないんだね、まぁあれは死亡フラグたってたから仕方ないか。

次はノーマルエンディングとか。印象にあるものだけ。
上海愛玩人形エンディング。
誰ルートにも入らないバッド。
下男に誘拐され事故って死んだと思ってたらいつの間にか上海である男に愛されてます。
もちろん庭師です。
事故で主人公は耳と目が聞こえなく見えなくなります。
だからか愛を囁いてくれるとか2ちゃんでも言われてたけど不器用な男です。
このエンディングはスチルの主人公が可愛いし、相手庭師ってわりと分かりやすいし妄想が膨らむので好きです。
主人公のお母様の友達と絡むシナリオもあってあっちはちょっと怖かった。
下男に結局強姦されるし。
お母様の友達の夫人の目に光がない立ち絵が怖すぎる。
このルートじゃなくても出てくるけど。
あと探偵ルート。
これは色々真実に迫るルートでした。
庭師の目的も分かるしかなり好きなルート。えっちシーンはないけどね。
あと火曜サスペンスって言われてますw
主人公はお母様が亡くなる前に見舞いにいくとお母様が(お母様の)お兄様を呼んでいたことを知り、なぜお父様ではなくお兄様なのか疑問を持ちます。
そしてお母様の古い友人である夫人ににお母様はもっとおとなしい性格であったこと、おとなしい父からは似つかわしくなく父はお母様を深く愛してたことを聞かされます。
真実が知りたければ自分で調べなさいと言われた主人公は真実に迫るためお母様の実家に行きます。
その真実は25年前に遡りました。
そこで発覚した事実はお母様とお母様のお兄様は愛し合っていて25年前に別荘で二人の子を産み、育てられないからと使用人の夫婦に育てさせていたが、10数年前にお父様がその一家を訪ね殺したということでした。
殺したと言っても一家は夜逃げした風に見せかけられてましたが。
主人公のお父様が殺された時と主人公のお母様が病死した時、桔梗の花が残されていた。
お母様とお母様のお兄様の子供を育てていたの桔梗という人でお父様を殺した犯人はお母様とお母様のお兄様の子供あるいは関係者。
推理した主人公は犯人、庭師(25歳)の元に向かいつきとめます。
すべてを知ってなおやって来た主人公を殺すことが出来ず、庭師はまた消えるのでした。
庭師の目的は自分を育ててくれた家族を殺した家を不幸にすることが目的だったのです。
闇の阿片王という肩書きだけじゃなく主人公の兄だったとは衝撃的です!
しかも近親相姦で出来た子供だし、主人公と結ばれることはできるのか、気になりすぎました。
あとしゃべり方がすごく好きなんです。
実際色々かなりツボで自分的に美味しいキャラでした!

成金
個人的にあまり興味ないキャラだけど全員攻略する質なので、ここらでやっとこうかと。
成金は超一途で、主人公は成金に対してツンデレでしたね。
借財をどうにかしてやるから結婚しろという俺様だったので、華族のプライドを持つ主人公的には受け付けないのです。
この性格を見ると主人公は自己投影には向かないと思います。
乙女ゲーマーにお嬢様でプライド高い人いないだろうし(苦笑)
そもそもあまり18禁乙女ゲームって自己投影向けの主人公っていないよね。
話戻して…成金は押せ押せでオラオラしてるけどふと見せる悲しそうな表情を見て気になっていきます。
ある日過労に倒れた成金に以前自分と会ったのは初めてではなかった様子を思い出し会ったことがあるか聞きます。
成金は遊女を母に持ち幼い頃母が死んで孤児になると一人で生きていかなきゃならない。
生きるためになんでもし、そういう集団に入り盗みなどを働いたそうだ。
そんなある日、追われていた成金は出会った主人公に庇われたらしい。
さらにはハンカチまでくれて(いつか返しに行くと約束した)、今まで自分に手を差しのべてもらったことのない成金にとっては光でこの世界も悪くないと思えたそう。
主人公はその時は別荘に来てて、その時の別荘と自分の名前を教えたのだが、次に別荘に来たとき別名義になってて主人公はいなかった。
それで成金は主人公を幸せにするために賎しい集団から抜け成金にのしあがりました。
やっと会える日を心待ちにしていたそう。
主人公もそんな成金に惹かれていき結ばれます。
その前に成金とすれ違い他と見合いをするんだけどバッドルートで見合いを目撃したあと嫉妬の怒声が怖かったです。
声大きいしびっくり、声優さんすごい!
成金シナリオでの庭師の阿片王判明は見合い相手に結婚の話を断られて疑問に思った成金が聞いたら、その日主人公を家まで送ってくれて迎えた庭師をどこかで見たことがあると思ったらアヘン売買の重職だったと。
顔われすぎですねw
で、危険人物がいるとこと近づきたくないということで断ったそう。
結局庭師には逃げられる。
ここで言うのもなんだけど、庭師には毎回逃げられるし庭師が死ぬ描写が入ったエンディングはありません。
復讐がなしとげられなかったらまぁ闇の阿片王として生きてくんだろうけど、本命の主人公の家への復讐は…まぁ1番憎い主人公の父親は殺してるからいいのかな。
復讐のためだけに生きてきた庭師は復讐達せず終わったらどうなるんだろう、とか思いました。
多分グッドエンドならもう復讐は切り上げたと思うんだけど、燃え尽き症候的なものになったりするのかなーとか。
バッドではお兄様は妓楼と入水自殺したり不幸になったのは成金のせいだと思った主人公は庭師に自分が犯人だと気づかれずじわじわ殺す毒(植物?)をもらい殺してしまいます。
姫様ヤンデレになりました。
酒に混ぜて少しずつ蝕みます、しまいには肝臓ガンになった。
復讐を遂げた主人公は燃え尽き症候群のように無気力になります。
ある日、成金の部屋で見つけた日記を発見し、不幸の原因は成金ではなかったことと本当に一途であったことを知ります。
成金は主人公が酒に何かヤバイものを混ぜていたことも知っていて飲んでいた。
病院で自分は幸せだと何度も言っていたように日記でも自分は幸せだと書いてあり、主人公はやったことを涙し後悔するエンディングです。
愛が深すぎる。小さい時の一度きりの出会いで…。
これもおすすめなエンディングです。
普段バッドあまり見ないからあまりバッドエンド好きだと思うことないのに。
エンディングリストとかあればバッドエンドも見るけど、バッドエンドあっさりしてるのばっかりだったからかな。
でも緋色3の真弘先輩のバッド(というか悲恋?)は好きだったな。
あとひよゲーのバッドならきちんとしてるのあったかも。
18禁乙女ゲームは複数きちんとしたエンディングがあるよね。





お兄様の感想打ってる途中で文字オーバー(メールで打ってます)したので中途半端になるのでここまで。
ここのメーカー初めてだけど、当たりでした。
二次創作読みたい。
ファンディスク出てほしい。

なんか2日連続で蝶毒に影響受けましたって感じな夢を見た気がするんだけど、そんな部分もう思い出せない。

あと薄桜鬼黎明録をやっとまたちょっと進めました。
ずっと放置してたよ。
沖田さんを攻略したんだけど沖ちづ好きだからか終章萌えられました。
平助くんのは自分的に微妙だったのでちゃんと萌えられてよかった。
まだ沖田さんのがラブラブっぽい。
平助くんは死期が近かったのでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

ゲームComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。