スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

今さらですが忍*ミュ*感想

►2010/01/27 06:24 

先々週の日曜日(1/17)に忍*ミュ行ってきたわけですが、今さらですがあっちゃんのブログ見て色々思うこともあったので。






あたしは、三次元ってそんなに興味なかったんだよね。
それが大学生になってから特撮にハマって見るようになって少しずつ三次元も普通に萌えたり楽しめるようになった。
でもミュージカルって苦手でミュージカルジャンルに手を出そうと思ったことはありませんでした。
でも、友達も楽しみにしてるしまぁ行ってみようかってちょっと軽い気持ちで行きました。
三次元に置いては男性のルックスはかわいらしい感じの子が好きで、その結果忍ミュでは小平太役の晃ちゃんを好きになりました。
ただ晃ちゃんを好きになったのは顔だけではないです!
小平太の演技がとても自然で小平太がほんとに二次元から出てきたみたいでまずそこに惹かれたんです。
体当たりな演技が小平太らしくて、ブログ見て可愛らしさにときめいて。
ちなみに特撮では電王&牙の主人公、Wのフィリップくん、ゲキ赤・轟音緑・真剣青が好き…でももちろん顔だけでなくキャラクターの性格との総合で好きです。
ただ二次元でも特撮でも、顔より性格で好きになることが多いけど皆普通にまあいけめんですよね。
だからこそ性格が好きになる決め手にもなるのかな。
ただあたしは少なくとも忍ミュをキャスト目当てで行ったつもりはないです。

ミュージカル苦手だったけど、忍ミュはほんとに面白くてまた行きたいまた見たいって思わせてくれた作品だから、いってよかったって思います。
ミュージカル苦手っていうのは食わず嫌いみたいな感じだったのかなぁ。
でもギャグとシリアスのギャップとかギャグのゆるさとか忍たまらしさが出ててシナリオはよかったなぁて思う。

忍ミュの六年生の登場のときは心の中では叫びましたが、あのダンスはギャグだよね。
妙に笑えました。
ポーズとってるのが皆ナルに見えて←
DVDがもし出たらダンスを覚えたいです(笑)

伊作が穴に落ちてくれてよかった。
紹介や宣伝時に伊作の不運があまり取り上げられてなかったのでちょっと心配でした。
やはり伊作は不運でないと!←
仙様はサラストでした!
ちょっと女々しく感じたのともんじといちゃつきすぎて違和感(苦笑)
もんじの人、もんじはちゃんとふけ顔なのにもんじメイクとると普通にいけめんでした。
ちょうじ可愛いよちょうじ。
かんで自分を戒めてたのもぶっつけ本番な舞台ならではでそういうアドリブが楽しめるのが舞台なんだよね。
こういうのいいな!って思った。
こへはまんますぎて可愛かった!
晃ちゃんのブログにも書いてたけど、やっぱり体当たりな演技したみたいですね。
こへは野生児だもんね!
かわいすぎてあたしもお姉ちゃんになりたいです。
留さんは主役に持ってくためか思う以上に熱いキャラだったなぁ。
主役に持ってくなら留さんよりはもんじとこへのが主役っぽいよなって思うけど、留さんが主役でなければ留さんは個性が薄くなって微妙になってたかもしれないね(苦笑)
と思うとやっぱり留さんが主役でよかったのかも。

穴太は無駄に美声でしかも歌もうまかったです。
しんべぇ可愛かった。
最後の挨拶も可愛かった。
きりちゃん、ちゃんときり丸だった!
乱太郎可愛いよ乱太郎。
土井先生可愛かった。
のりもまぁよかったし。
伝子さんは普通にリアル伝子さんだった。
ドクタケも再現率高かったし、伝子さんの演技とか八宝菜や学園長もまんまで役者さんすげーって思った。
くノ一も可愛かった。
皆青二の本業声優さんとか、最近は声優さんが舞台出るの増えてますよね。

殺陣がすごく楽しかったです。
時代は室町末期の戦国時代。
武器を使ってのなかなか派手なアクションだったし。
ただ伊作の武器はどうよ?
伊作らしいけど、もっと武器っぽい武器用意してあげようよ!
あれで敵がよく倒れたもんだ←
あれも伊作さんが不運だからかな(苦笑)
留さんは主役だから刀!
主役だけど武器が王道すぎて逆に地味(苦笑)
でもかっこよかったです。
1番の見せ場だしね!
仙様は炮烙火矢(漢字合ってないかも…)、戦い方こうで合ってたっけって思わなくない戦い方をしてたが…。
サラストはやっぱり健在だった!
もんじはね、武器は1番目立ってたかな。
隠し武器というか携帯武器で老け顔のくせに(←)かっこよくて思わず見とれました。
もんじ、優秀ない組だもんね~。
学園一ギンギンに忍者してるもんね~。
こへは体術とか近距離タイプかな。
飛び蹴りがすごくこへらしくてたぎった!
うおー本物だ!って思った。
さすが体力ばかです、少年漫画の主人公タイプだなぁ。
長次の武器すごく好きだ!
でもあれは体に巻き付けて使うものではないんだっけ?
普段三次元ではなかなか見ない武器だから楽しいよ。

というわけで舞台ってアクションあった方が映えるし面白いなって思ったのでした。










あっちゃんのブログのことだけど、なんだかなぁって思いました。
確かに、あたしも忍ミュの話を聞いて六年生が主役ってことで腐女子に媚びたやつやるんだなぁ、と微妙な気持ちになりました。
改めてヲタクの間で忍たま流行ってるなぁって思いました。
まぁあたしも六年生好きだし、流行ってるからハマったってこともあるから…人のこと言えないけど。
あたしは忍たま6年で1番好きな伊作を追いかけて見てたけど、橋本伊作が周りより一歩ひいてたおかげでそんなに腐ィルターはかからず純粋に楽しめたかなぁって思います。
6いのいちゃつき具合にはちょっと違和感があった。
ただ…忍たまってあたしの中で結構特殊で原作より同人でキャラ設定を強めた分妄想が理想で原作のままのキャラを理解してなかったのかもしれない。
でも原作もアニメも同人もミュも全てちょっとずつ違う雰囲気はあるものだと思ってるので、原作を意識することが声優さんの物真似にはならないと思います。
あと原作とかとミュで違和感を感じるってことは役者さんなりの演技ができてるって言ってた方がいてなるほどそんな考え方もできるんだなぁ、って思いました。
正直に言うとね、こへ以外は伊作も含めて皆あたしが思ってたキャラと違和感があったんだよね。
でも人間それぞれ考え方や感じ方って違うわけだから、違っててもおかしくはないし。
役者さんから見ると原作あるしアニメ化までしてる作品だとファン側の先入観もあるから、演じるのってやっぱり大変だと思うんだよね。
色々葛藤もあったみたいですごく悩んで役作りしてくれてたのは、真剣ですごく嬉しかったです。
マナーとかについては演技してるときにしゃべり声が聞こえるのはやっぱり嫌ですよね。
あたしはおしゃべりする相手もあまりいないことが多いからこういうマナー違反はないと思うんだけど、そういう人がいたら注意するくらい勇気持たなきゃだめだよね。
チキンだから苦手だけど_| ̄|○
でもすごく気持ちわかる。
演技でなく、カラオケのときなんですけど…盛り上げてくれてるのは分かるけどあたしより大きい声で歌われたり楽器ではしゃがれて自分の声が聞こえなくなっちゃうのが嫌なんです。
切なくなっちゃいます。
ただあたしもあたし以外の人が好きな曲を歌ってるとつい口ずさんじゃうからそこは自分も気を付けたいと思います。
人のこと、言えないな~(苦笑)
忍たまのとき、楽しいときは拍手してって言われたから拍手する場面とそうじゃない場面とで空気は読んだつもりだけど、いくら歌だからあまり拍手の音が大きいと歌詞が聞き取れないとかあるし適度に抑えた方がよかったのかなぁ。
確かに聞き取れないときあったけど、こういう舞台は聞き取れないのは仕方ないって思ってたなぁ。
舞台とかイベントではとにかく雰囲気を楽しむ!って感じです。
歌とかはDVDが出たら改めてそこで楽しんでもいいかなって。
忍ミュはまだDVDが出るかどうかは謎ですが。
………でもDVD出ても買わないっていうか舞台が好きなんだ!って人もいるんだし、ある程度の自重必要だよね。
あれではあたしKYだ。
ほんと難しいね。
とにかく次またあって行く機会があったら楽しんでるのは自分だけじゃないってことを頭に入れて楽しみたいです。

アイドル俳優の件はあたしもちょっとショック。
確かに俳優とアイドルって違うよね。
ただ演技とか俳優って仕事に対する思い入れって役者さん自身で人それぞれだからなんとも言えないよね。
自分の考えを強要するのも違うと思ったから限定公開してたのかなぁ。

演技見てほしいってやつは、あたしは素人だからそこまではなかなか見れてないかもって思いました。
あたしあっちゃんの演技は今のところ伊作しか見たことがないのとね、キャラ萌えもやっぱりあるから可愛いとかちょっと軽い感想になっちゃうんだよね。
一回しか見てないし演技をきちんと細かくおって見るほど余裕なかったしね。

でもあっちゃん、あたしはあっちゃんが伊作でよかったって思ってるよ。
あっちゃんが伊作やってくれてほんとにありがとう。





本格的なミュージカルではなかったかもしれない。
でも忍ミュのあのアットホーム感がすごく好きです。
とても癒されました。
皆一生懸命で楽しそうで、橋本伊作に限らずあのメンバーでやってくれてよかった。
演技やることに改めて興味がわきました。
何かあたしもやりたいって思わせてくれました。
春休みには養成所とかの見学行ってみようかなって思ってます。
声優の件に限らず今まで逃げてばかりいたので、皆のがんばりにはすごいなって思いつつなかなか動けずにいる今日この頃ですが、今年はきちんと前に進める年にしたいな!

本当に大好きです、ありがとう…ミュージカル「忍たま乱太郎」!

スポンサーサイト

アニメ・漫画Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。