スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

►2009/11/11 02:15 

今日も乙女ゲープレイ感想なので、興味ない方やネタバレやだ!な人は回れ右してください。
ワンドネタバレの画像もあるのでネタバレ嫌な人は見ないでくださいませ。
携帯メール投稿なので貼る場所選べないんだ…文字数多いから携帯のネットで直接書くのも下手したら消えかねないし。
文字数制限あるし。





























プレイしたのは勿論ワンドと遙かです。

遙かは弁慶さんを攻略してみました。
リズ先生とどっちやるか悩んだんだけど、先生面倒だから結局弁慶さんね。
ちなみに将臣くんは八葉では最後って決めてた!
1番最後は…ノーマルエンディングか白龍のどっちか予定です。
てことで現在先生攻略中だよ。
ワンドと平行プレイしてるからいつ攻略できるかわかんないけどね!

弁慶さんは後日談らしい後日談でによによした。
弁望いいよ弁望!
with十六夜記のときもそうだったけど望美の妄想が楽しいですね。
のんちゃんの中の弁慶さんwww
のんちゃん可愛すぎるだろ!
後日談ではエンディングっていうかダキニ倒してから1年ちょっと後くらいなんだけど、受験で構ってやれないせいで友達が彼氏に別れを切り出された話を聞いてのんちゃんも不安に思います。
のんちゃんも受験で忙しくて最近弁慶さんに会えてないので。
だから久々に弁慶さんに会おうと電話をかけると弁慶さんも言いたいことがあるとのこと。
しかも会って直接話したいことらしくそれで余計不安が募ります。

待ち合わせしたカフェでの弁望の会話、ちょっと書いてみました↓↓

弁:お待たせして すみませんでした。
望:いえ、私が 早く来すぎたんです。
  それより、その……話って
  いったい何ですか?

ここでシリアスなBGM。
弁:……そうですね、ここまできて、 先延ばしにはできません。 ああ、でも 何から話せばいいのか。 突然のことで、君は 驚くかもしれませんが――
望:(これって、やっぱり別れ話…!?)

ここで選択肢 (弁慶さんと別れるなんて そんなの絶対駄目!) (ううん、違うかも 黙って聞いていよう)
勿論、前者を選びました。

望:ちょっと待ってください!
弁:望美さん…?
望:私には 弁慶さんが必要です。 弁慶さんがこの世界に 残ってくれて、すごく嬉しかった。 弁慶さんも、私と 同じ気持ちなんだって わかったから。 だから、別れるなんて 言わないでください。

弁:……………………。
↑弁慶さん驚いた顔してました

弁:……困りましたね。 そう言ってもらえるのは とても嬉しいのですが。
望:確かに、最近は 会う時間が減ったかもしれないけど 私の気持ちは変わりません。 お願いです、考え直してください。
弁:……考え直す必要なんてありません。
望:弁慶さん、でも、私は……
弁:「私は」……なんですか? 言ってください。
望:私は…弁慶さんのことが好き。

ここでまた選択肢。 ・大好きです。 今もこれからだって。 ・知ってるでしょう? ・…でも、弁慶さんは 違うんですね。
ここで選んだのも最初のやつ。
泣きそうに言ってました。

望:きっと、ずっと好き。 こんなに好きなのに 別れるなんて…嫌……

いじらしくて可愛いよのんちゃん!
きっと、ずっと好きって台詞いいね。

弁:……どうか、泣かないで。 少し、いじめすぎたかな。

ここで明るいBGMになりますw


弁:僕も、君のことが好きです。 そのために、生まれ育った世界を 捨ててしまえるくらいに。
望:――え? えええっ? だって 弁慶さん、私と 別れようとしてたんじゃ!?
弁:…すみません、君が 何か誤解しているとは 気づいていたのですが―― 君が必死に、僕への想いを 語ってくれるなんて、 なかったもので…つい
望:うそ…! 全部、私の勘違い?
弁:そのようですね。
望:(は、恥ずかしい…!)

弁慶さんがのんちゃんと別れるなんてあり得ないよ!
そそっかしいのんちゃん可愛いよのんちゃん。

それで望美が弁慶さんの話は何かと聞くと…
高認に合格したらしく大学受験ができることを報告してくれます。
まさかのんちゃんと同じ大学か?と思いきや、薬師ということで将来は医学か薬学で身を立てたい、と。
じゃぁそのフラグはないよね…。
その後、まだ弁慶さんには話があったみいで…。
大学を出て自分で生計を立てられるようになるまで10年はかかる、それまで待ってくれるかと聞きます。
何を待つかというと、勿論結婚のこと。
自分で生計を立てられるようにならなきゃ一緒になるわけにはいかないと、この世界で生きていくと決めた時からずっと考えていたみたいです。
それで互いに想いを確かめ合って終わりました。
弁慶さん、大人だなぁ。
てかうわあなんだこの萌えは!
二次創作を読んでるようでした←
gdgdで読みにくくてすいません。
とにかく萌えましたありがとうございましたごちそうさまでした!



続いてワンドはラギ攻略しました。
萌えた会話抜粋しますね(*´∀`*)

ラギはツンデレ少年。
一応ドラゴンなんだけど自分で人とドラゴンの姿の制御ができなくなってしまってその特異体質を治すためにこの学院に来てます。
ちなみに異性に抱きつかれるとドラゴンになります。
ドラゴン、ちっこくて可愛いよ。


ラギとルルがぶつかってしまい…
「……ぅぅ……」
「ら、ラギ……?」
世にも珍しい、交通事故にあった、
ドラゴンの姿が転がっていた。
「きゃー! ラギっ!? 死なないでー!?
 お、落ち着いて私。こういうときは心臓呼吸
 と人工マッサージだっけああでも心臓で呼吸
 っておかしいよねどうやってやるのかというか
 そもそもそういう意味で言うなら人工
 マッサージっていうけどマッサージって
 もとから人工じゃないのと思わなくも……」
「……おい」
「あ、うん、ごめん待っててラギ。
 今ラギをどうやって生き返らせるか考えてるの。
 ラギも一緒に考えてくれない?」
「言いてーこともツッコミ所も無数にあるが、
 とりあえず聞け。このバカ!
 勝手に殺すなこのアホー――!!」

ルルwww



ラギは女の子であるルルにぶつかるとドラゴンに変身しちゃうので近寄るなと言います。
「……どうしても?」
「どーしてもだ。
 しゃべるなとは言わねーから、
 あんまオレに近寄んな」
「じゃあラギとおしゃべりするときは、
 いつも離れたところから
 大声で話しかけるしかないの?」
「……それは恥ずかしいからやめろ」
「おいしいお菓子をもらったときも、
 一緒に食べようって誘っちゃいけないの?」
「……それは……。
 あー、と、時と場合によるだろそういうのは」
「むう……じゃあどういうときならいいの?
 例えば、この前ヴァニア先生が、
 おいしいフルーツを分けてくれるって
 言ってたんだけど、そういうのは――」
「も、持ってきたきゃ持ってこい、うん」
ラギのお尻で、見えないしっぽが、
ぱたぱたと揺れている気がする。
「おまえが、どーしてもっていうなら、
 食ってやらなくもない」
「じゃあ、どうしても!」
「……おまえ、ホント会話の駆け引きとか
 一切考慮しねーのな……」

この二人、食べ物ネタが多くて笑った。
ラギは肉がちょー好きです。
それにしても遠くから大声で話しかけるルルの発想に萌えた。
やばい可愛い!



「……なあ、おまえさ、
 食堂の時間制限がなくなりゃいいのにって
 思ったことねーか?」
「あ、あるある!」
「作る方が大変だってのはわかるけどよ、
 こっちだって腹の虫は操れねーんだよ。
 腹減るもんはしょーがねーじゃんか」
「そうなんだよね……。
 ものすごーくお腹すいてるのに
 食べられないって、辛いよね。
 …………」
「…………」
「……お腹、すいたね……」
私たちはふたり揃ってため息をついた。

「あるある」www



「昨日ね、特大パフェを食べる夢を見たの。
 とってもうれしかったなあ」
「つっても夢だろ?
 夢じゃ腹は膨れねーだろーが」
「そ、そうかもしれないけど、
 幸せだなあって思えたもの!」
「ふーん、ずいぶんとお手軽な幸せだな。
 オレだったら肉尽くしの夢くらいじゃねーと
 そこまで思わねーな
 ま、現実にあんのが1番いいんだけどよ。
 四方を肉で囲まれるとか、マジねーかな……」
「四方をお肉!?」
わ、私の特大パフェよりすごい。
なんていうか、
ラギの胃袋に感心してしまった。

肉www
うん肉おいしいよね。
あたしも好きだよ。




ラギに連れられて森で鹿肉を食うことに↓
ラギが石を打ち鳴らすと、
小さな火花が散って――。
「……火がついたわ!」
「火のいきおいが安定したら、
 鹿肉をあぶって後は食うだけだ」
「ねえ。ラギっていつも、
 火打石を持ち歩いてるの?」
「まあな。大した荷物にもなんねーし」
「すごーい……」
ちょこちょこと枝で焚き火をつついて、
火を大きくしていくラギを見ていたら、
思わず感嘆の息がもれてしまう。
ラギって、こんなこともできるのね。

ルルのすごーいって台詞がなんか可愛い!
ちなみにこの後、鹿肉を食べるラギルルスチルが出るんですが、それがこれです。

20091110171545

やっとルルの私服が全面的に見れた!
私服、スカート履く子かと思ってたらパンツルックでした。
でも可愛いよルル!

他にもつぼったのはあるけどつぼ台詞メモしてたのはこれくらいなのでこのへんで。

今はノエル攻略中です。
ノエルとルルの魔法少女的なイベントが可愛すぎた!
ちーちゃんやべえ!!超可愛い!!
ワンドで何かマッド作りたいなぁ、と思う今日この頃だけどとりあえず攻略がんばる。

スポンサーサイト

テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

ゲームComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。