スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

相変わらず…

►2009/11/07 02:39 

乙女ゲーやってます。
ファンディスク発売決定したしファンディスク発売までにやっとかなきゃと思って最近再開したワンドでエスト、遙か3迷宮愛蔵で景時さんを攻略しました。
PSPやったりPS2やったりローテーションプレイです。
アラロスは遙か3迷宮愛蔵が終わるまでお預けな感じ(笑)

あとこたつセットしました!
数日前はすごい寒かったのに最近は微妙ですね。
こたつ布団がぴんく×赤系なので部屋がぴんくぴんくしてます。
だってぴんく好きなんだもの!
こたつセットしたから…きっと眠くて動きたくなくなるなぁ…。

あ、以下は乙女ゲーネタのみなので興味ない人はスルーしてくださいまし。
最近乙女ゲーネタばっかでさーせん。











迷宮愛蔵話。
景時さんは後日談がむしろエンディングじゃね?って感じでしたね。
展開的に景時さんがのんちゃんを異世界に連れてくんだろうか?
あたしは迷宮はてっきり現代エンディングかと思ってたんだけど、微妙すぎて気になるよ!
(残るか帰るか)ちょっとはっきりさせてほしかった。
どっちでもおkな展開だったし。
景時さんは本当にヘタレだなあ。
でもそんな景時さんだから望美も好きになったんだけど。
敦盛さんと微妙にデジャブだけどそれだけのんちゃんが積極的な女の子ってことね。
聖夜のやつで絵本について語る望美の可愛さはんぱない!
雪だるま作る景時さんもかわええ。
あと年越しの景時さんのためにバーゲンのんちゃん漢前すぐる。
惚れ直すしwww





ワンドオブフォーチュン、年下キャラのエストを攻略。
人付き合いの苦手そうなつんつんしてる子です。
ちょっとつぼった会話を抜粋してみます。


両親はいないようなものだとエストに告白されて…

「……エスト、エスト。
ちょっとこっちに来てくれる?」

「今度は何です。
面倒なことはご免被りたいのですが」

「いいから! よいしょ……と。

エストは偉いね」

「…………え?」

「だって、今まで家族の力も借りず
1人で頑張ったってことでしょ?」

「……な、何を……?」

「うん、頑張ったときはね、
こうやってほめてもらうものだから。
お父さんのぶんも、お母さんのぶんも、
全部まてめて、私がいっぱいほめてあげるね!」

「こ、子ども扱いしないでくれますか。
なんというか、その……

……不本意です」

「子ども扱いなんかしてないよ?
でも私の方がエストよりお姉さんだし、
このくらいは許されると思う!」

「僕は許してません……」

「うんうん、エストはすごいね。
今まで頑張ってきて、偉かったね」

「ああもう、人の話を聞いて下さい!」

なでなでするスチルが出て可愛かったです。
ルルの言動可愛すぎると思うんだけど!
不本意ですって言うエストも可愛いよきゅんきゅん。



「今日は街に行くつもりなんですが、
ルル。あなたも一緒にどうですか?」

「わ、私も行っていいの?」

「ええ。好き勝手に行動して、
あなたが迷子になりでもしたら、
僕は探さずに帰ってきますが」

「……大人しくしてるね!」

大人しくしてるね!っていう微妙な間が可愛いです。



「お待たせ、エスト!」

「ええ、本当に待ちましたが。
……ルル。何ですか、それは?」

「マカロン!」

「菓子の名前くらい知っています。
僕が聞きたいのはそういうことじゃなく、
あなたの目的についてです。
どうしてあなたはそのマカロンを、
僕に向けて差し出しているんですか?」

「エストと一緒に食べたいの」

「……遠慮しておきます。
僕は別に甘いものを食べたい
気分ではありませんから」

「……お願い!」

「……あなたの希望は希望として、
僕にも拒否する権利があるはずです」

「でもほら、さっきお店の前で、
私はちゃんと待っていたでしょ?」

「それを言うなら僕だって、
あなたがマカロンを買う間、
足を止めていましたが。
何より店の前で待てると言ったのは、あなたでしょう」

「えーと、その……。
今日はエストが私のことを、
誘ってくれたわけだし!
私が待つことになった原因は、
やっぱりエストにあると思うわ!」

「僕はその責任を取って、
マカロンを食べるべきだとでも
言いたいんですか……?」

「うんっ!」

我ながら無茶を言っているとは、
わかってるんだけど……。

「……誘われた私のワガママ、
1つでいいから聞いてほしいの」


マカロンを食べてほしい理由…
「私、マカロンが大好きなの。
食べると幸せな気持ちになるわ」

「あなたはそうかもしれませんが、
僕は特別好きというわけじゃ――」

「私、マカロンの形も好きなの。
まるくて色とりどりでかわいいわ。
アーモンドの風味だって大好き!
たくさん買ってきたから、
きっとエストが好きなマカロンも
見つかると思うの……!」

「僕が好きなマカロンを見つけると、
何かいいことでもあるんですか?」

「うんっ!私とエストで、
同じように感じられることが
新しく1つ増えるでしょ?
そしたら今度から私たち、
マカロンについてなら笑って
話せるようになると思うの」

「共通の価値観を探すために、
こんなに大量のマカロンを
買ってきたわけですか……
……呆れて言葉を失います。
相当に物好きですね、あなたは」

「あ……」

エストは困ったように苦笑して、
私の手からマカロンを取り出した。
そしてピスタチオ風味のそれを、
小さめに一口かじって――。

「……正直な感想を言うなら、
マカロンはちょっと甘すぎます。
飲み物がほしくなりました。
カフェにでも寄り道しましょうか」

「……うんっ!」

エスト優しい!
にしてもルルはめちゃくちゃな子ですね。
一応無茶を言っている自覚あるようですwww
マカロンについてルルはともかくエストが笑って話してるのは想像つかないけどw
それは何か聞かれてマカロン!って一言言っちゃうルルが可愛くて仕方ないです。
元気で無邪気な女の子可愛いよ。



「そういえば、エストってまだ
14歳なんだっけ……」

「それがどうかしましたか」

「ううん……。
私より年下なのに、しっかりしてて
うらやましいなあって」

「そうですね。
確かに、あなたは年のわりには
落ち着きがないですし」

「ごめんなさい……。反省してます」

「……一応自覚はあったんですね。
少し、驚きました」

酷いよ、エスト!
でもルルのごめんなさい反省してます、可愛い!



エンディング直前に自己犠牲しようとするエストに対して…

「――エスト!!

……捕まえた……!」

「なっ……!? 何を……!?」

「面倒でも、迷惑でもいい!
だって、これからもずっと一緒にいたいの……!

だから絶対、連れて帰る。一緒に帰る!」

「離して、ルル!
僕はそんなこと望んでない!」

「いや! もう離さないから!
絶対離れてなんかあげない!
だって……。

エストが、好きなんだもの……!!」

「…………!」

すごい積極的ですね、ルル。
恋する女の子すごい。




エンディングで好きだと言ってもらってないことに対して…

「ねえねえねえねえ! 言われてない!」

「そんなこと今更でしょう……!」

「そんな言葉でごまかされない!」

「……わかりきった答えを、
どうしても聞きたいんですか?」

「聞きたい!」

「……もし仮に、聞いたら
呪いが掛かるという副作用があっても?」

「一生離れられなくなる呪いなら、いいよ?」

「っ……!
ああもうわかりました、好きですよ好き!
これでいいんでしょう!?」

「素直じゃないなあ……」

「……大きなお世話です」

うお~エストとルル可愛いよ><
一生離れられなくなる呪いなら、いいよ?って殺し文句だよね。
天然か計算かわかんないけどルルは小悪魔ぽいヒロインですね。



エストってとある理由で人と関わりたくない子なんだけど、気を使って関わらなかったら仲良くもなれないわけだし、人付き合いって大変ですね。
相手が迷惑だと思っててもぶつからなきゃいけないんだね。
でも下手したら嫌われるよね。
あたしはなかなか真似できないけど。





最近は主人公に声ありの乙女ゲーもちょっとずつ増えてきたとは言え、でもやっぱりなかなか主人公声ありってないんですね。
寂しいのでちょっと主人公の声、誰がいいか考えてみたよ。
ルルはピンクな魔法少女だしあの容姿(あたしのプロフ画によく使ってる子ですぴんくでふわふわ髪はツボすぎるよ…)であの性格なのでロリ声とか萌え声でおkと思うんだけど。
ゆかりんで脳内再生したら萌えたよ。
ルルは少なくとも声とかきっと高くて可愛いにちがいない。
薄桜鬼アニメ化するしそのうち千鶴の声も決まるのかしらと思う今日この頃なんだけど、あたし的にはほちゃがいいかなぁ。
千鶴は一応男装少女だし穏やかな子なので落ち着いた感じの声がいいと思うんだ。
緋色の珠紀は翡翠無印で一応出ちゃったけどあたし的には名塚さんがいいです。
ヒイロの沙弥は中原さんどうかなぁ。
↑あたしまだ未プレイだけど。
クリムゾンエンパイアはマンガしか読んでないけどシエラはあたしの中では麻里奈さんボイスです。

あ、異論は受け付けます(*´∀`*)
あ、乙女ゲーじゃないけど、国擬人化マンガのベルベルは関西弁(滋賀弁だけど…)のせいかあたしの中で佳奈さんボイスです←

スポンサーサイト

テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

ゲームComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。